について
サウンダリャヨガ

哲学

寛大な心、広い心、健全な体

:: 伝道と要素
創設者フレッド・トランフィールドは、 10年に渡り、様々な師のもとで学んだことを総合してサウンダリャ・ヨガを発達させました。サウンダリャ・ヨガは、バランスのよい人生を送る為に、生徒 の潜在能力を高めようとする、熱心であるが、非教義的なスタイルです。サウンダリャ・ヨガに専念する生徒は、好奇心、謙虚さ、信頼の3つの重要な要素が 統合される事によって、寛大な心(恐れからの解放)、広い心(羞恥心からの解放)、健全な体、を造り上げていくでしょう。

:: バランスを失いかけた生活
ヨガは、バランスを取り戻す訓練です。とても疲れている時、ヨガは我々に休息の場を与えます。ストレスを感じる時、体は弱くなり、ヨガにより自分自身の 強さを取り戻すのに役立ちます。精神的に疲れている時、ヨガは心の平穏を見つけるのに役立ちます。

:: 治癒について
どこか身体におかしな所がある為に、多くの人がヨガを学びます。ヨガでは、繰り返し呼吸の仕方を教え、バランスを考えた方法で体を使います。痛みは、よ り健康な体と心とに変化できるのです。

:: ヨガは進歩の焦点
ヨガを行う学生は、より良い成績を得ることができます。ヨガを行うスポーツマンはよりよい競技を行う事ができます。俳優でさえ定期的なヨガがどのように 彼らの演技を向上させることができるかについて知るのです。

:: 調和を造り上げる
つまり、ヨガの実行は、忙しい心に平穏をもたらすということなのです。我々の体が健康で、バランスが保たれるのならば、心に焦点をあてる事ができます。 心に焦点を当てる事で、心が平穏になるのです。これは、我々がヨガにおいて探し求める調和なのです。

スタイル

「心そのままの静けさは、幸せなものへの親しみやすさ、不幸なものへの同情、良いものへの喜びと、邪悪な物に対する無関心により遂げられる」 ーパタンジャリのヨガ経典

– The Yoga Sutras of Patanjali