について
サウンダリャヨガ

スタイル

なぜサウンダリャ・ヨガなのか?

:: 調和の核となるもの(コア・ハーモニー)
様々な従来のハタ・ヨガのスタイルと別のソマティック・プラクティス(身体教育) サウンダリャ・ヨガを統一することは、生徒の身体の内に調和の核となるもの(コア・ハーモニー)を造り上げようとする事です。全ての筋肉組織に酸素がいき渡り、鍛えられ、ストレッチされた時、あなたの内なるコア・ハーモニーは成就されます。そして、リンパと血液の循環組織は浄化され、プラーマ・エナジーで満たされるのです。この包括的なアプローチは、経験、年齢に関係なく、全てのレベルの生徒に、調和された、バランスの良い身体をつくる可能性を高めます。

サウンダリャ・ヨガ クラスとは? 

:: イフェクティブ・アライメントとビンヤサ・フロー
サウンダリャ・ヨガ プラクティスで、特に強調される事は、身体のエナジーライン(活力の筋)が開かれている間、全ての筋肉が暖められるように効果的に配列された一連のポーズです。正しく配列されたヨガは、全身を強くし、癒やします。誤って配列されたヨガは、ヨガ本来の持つ利点を減らし、実際には怪我をも引き起こしかねません。

:: 呼吸
呼吸は、我々に不可欠なエネルギー(プラーナ)をもたらし、バランスを保つ為の大切なキーです。呼吸は、ポーズを作るための動き(ビンヤサ) で満ちあふれてます。呼吸のおかげで、ポーズを保つ時でさえ、自分自身のかすかな動きに気づく為の活力となります。ほとんどのクラスではただ一つのポーズによる短い瞑想で始まります。そして、身体、精神、心を強く、柔軟にする為のエナジーを高め、活力に満ちたポーズへと続きます。たびたび汗が出るでしょう、これは体をきれいにする方法として良い事なのです。

:: 個々に焦点をあてる
サウンダリャ・ヨガのインストラクターの最初の仕事は、受講生を知ることです。自分の生徒が、どんな癒しや調和を求めているのか、その時に判断しなければなりません。それぞれのクラスの生徒の個性とニーズに合わせなくてはならない為、クラスで必要な事は、異なったものとなるでしょう。

日本で人気のあるスタイルと比較して

パワーヨガとニューヨークヨガは、現在、日本で人気のあるヨガです。どちらかを受講している生徒にとって、サウンダリャ・ヨガのポーズの感覚は、おそらく、なじみ深く感じるのではないでしょうか。ニューヨークヨガは、サウンダリャ・ヨガのように、伝統的なインドのヨガ哲学と方法を取り入れています。パワーヨガのように、サウンダリャ・ヨガは、静寂と柔軟さを得る為に、汗を流し、一生懸命する事なのです。

サウンダリャ・ヨガの発祥は?

サウンダリャ・ヨガは、Sri Tirumalai Krishnamacharya師を根源としています。それは多くの熟練した先生からの知識と、アシュタンガヨガの教えによる影響が大きいのです。インド、マイソールのPattabhi Joisの教え、インド、プーナのB.K.S.Iyengarのアイアンガーヨガの教え、そして、インド、チェンナイの T. K. V. Desikacharの教えなのです。

哲学

「蜂蜜がハチの巣のどの部分をとっても甘い様に、ヨガもそうなのです。(...)、ヨガは芸術、科学、そして哲学です。それは、人生において、あらゆるレベル、肉体、精神、魂に触れるのです。それは、人生を有意義に、そして役立ち、高潔にする為の実用的な方法なのです。

– B.K.S. Iyengar, Light on the Yoga Sutras of Patanjali